初乳について

ゆくゆくはミルクで育てる方であっても、是非初乳だけは赤ちゃんに飲ませて頂きたいと思います。初乳は出産後たった1週間程度しか分泌されない特別なものです。色は白と言うよりもクリーム色っぽくて、とろりとしています。分泌される量はごくわずかなのですが、この中にたくさんの栄養が含まれている他、抗体もたくさん含まれています。ラクトフェリンの量が多いのも特徴です。ラクトフェリンには、免疫を調整したり、抗ウイルス作用、抗菌作用などがあります。また、タンパク質やビタミンが多く、特にβ-カロチンが豊富に含まれています。

また、イムノグロブリン」と呼ばれる免疫成分には、様々な病気から体を守るバリア機能があるとされています「。喉を守ってウィルスが入ってこないようにしたり、入ってきたウィルスを害のないものにしたりする働きがあるのです。ですから、初乳は是非飲ませてあげましょう。

しかしながら、中には初乳が出ない方もいます。その場合は、マッサージをしてみましょう。それでも出なくても、赤ちゃんの口に乳首をくわえさせるだけでも良いですし、なめさせるだけでも良いですから是非やってみてください。もちろん、初乳が出なくても大丈夫。心配する必要はありません。